本文へスキップ

伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会

会社方針伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会の紹介

ご挨拶

 伊豆高原に計画されている大規模太陽光発電施設(メガソーラー)建設の白紙撤回を求めて平成30年2月22日、伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会を結成いたしました。

現在、訴訟を支援する会では建設計画を阻止する為に広範囲に活動を続けておりますが、主に伊東市が平成30年2月15日に開発許可をした宅地造成等規制法の許可の取り消しを求める行政裁判、事業者に対し工事中止の仮処分命令を申立てる民事訴訟、この2つの訴訟を支援し、勝利することで建設計画を完全に白紙することを目指しております。

 事業予定地は天城火山から流れ出た溶岩台地の上に、伊豆東部火山群等の岩砕や軽石などが降り積もった吸水性と透水性が高い地質の山地です。森林が大規模に伐採され、造成工事とパネルの敷設で山の保水力が失われれば大規模な土砂災害を引き起こす可能性が非常に高くなります。それだけではなく、現在、自然に山に浸透している水を人工的に山の上に建設する巨大な調整池に集めて小さな八幡野川の川へ排水するこの計画は、川の氾濫や調整池そのものの決壊など、災害発生のリスクと人災を引き起こす恐れを大きくするものです。しかも支援する会の調査によってこの巨大な調整池には設計に不備があることも発見されており、このまま計画が進めば下流域に住む多くの住民の生命や財産が重大な危険に晒される懸念があります。この計画は断じて容認できないものです。

 美しい自然に恵まれた伊豆半島は平成30年4月、世界ジオパークに認定されました。伊豆高原の森や自然は大地(ジオ)が育んだ貴重な贈りものです。また、事業地からの排水が流れ込む八幡野の海は全国的にも有名なダイビングの聖地です。毎年多くの観光客が訪れるこの地域の自然は私たち共有の大切な財産です。
一度失われてしまえばもう二度と戻ることのないこの美しい自然。これを次の世代に繋げていく為にも、当会の活動へ多くの方のご理解とご賛同をいただき、たくさんの想いを繋いでいきたいと思っております。
長い戦いになりますが、どうぞ最後までよろしくご支援をいただけますようお願い申し上げます。


伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会 代表 田久保眞紀

 副代表  吉田幸次
 事務局長 佐藤みつ子
 事務次長 徳本政幸



弁護団のご紹介

弁護団長
阿部浩基 静岡合同法律事務所 /静岡
弁護団
青柳恵仁 静岡合同法律事務所 /静岡
荻 大祐 おぎ法律事務所 /長泉
栗田 勇 栗田勇法律事務所 /静岡・富士
中田祥子 静岡法律事務所 /静岡
萩原繁之 みどり合同法律事務所 /沼津
東端克博 東陽綜合法律事務所 /伊東
福島正洋 阿部・吉田・三n法律会計事務所 /東京




 ◇ 会則

バナースペース

伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会

〒413-0231
静岡県伊東市富戸908-69
office@izukougen-ms.com

行政裁判が始まりました! 活動を支える募金へのご協力をお願いしています

【ゆうちょ銀行】
口座名
イズコウゲンメガソーラーソショウヲシエンスルカイ
記号 12380
番号 62117081

【ゆうちょ銀行以外の金融機関からは】
店名 二三八 (ニ サン ハチ)
店番 238
普通預金 6211708




Twitter
Facebook